忍者ブログ

まどちゃんの陶板日記

還元陶板浴に入り、健康維持に努めながら~ 鹿児島の魅力についても紹介☆

五味

こんにちは
 
還元陶板浴 虎杖伝説の里 鹿児島店 です

今日の鹿児島は久しぶりに晴れました~

昨日が朝から大雨だったので、少し曇っていても嬉しいです

今日は、「五味」についてお話したいと思います

五臓六腑という言葉、聞いた事があると思います。

・五臓(心・肝・脾・肺・腎)

・六腑(小腸・胆・胃・大腸・膀胱・三焦)

健康を維持するためには、これらの調和が大切と言われています。

その中でも、五臓の調和を保つためは、

5つの味(酸・苦・甘・辛・鹹)を考えることが大切だそうです。

(鹹…塩辛いという意味です)

酸の食べ物は、肝・胆。

苦の食べ物は、心、小腸。

甘の食べ物は、脾・胃。

辛の食べ物は、肺・大腸。

鹹の食べ物は、腎・膀胱。

これら五味の食べ物が、それぞれの五臓六腑に入り、働きを助けると考えられています。

この5種類の味をバランスよく摂ることが大切な事なのだそうです。

一昔前の家庭では当たり前に食されていた和食、

ご飯(甘)、味噌汁(鹹)、梅干し(酸)、たくあん(辛)、緑茶(苦)が

5つの味のバランスがとれた食事だったのですね。

参考HP:食べ物で健康を考えよう・健康になる食べ物辞典


体を作る、毎日の食事、足りない五味はないですか?

苦味が足りない方は「ニーム茶」がお薦めです

夏に入る前に、見直してみてはいかがでしょうか?

10

 

PR

酒かすの効果

こんにちは
 
還元陶板浴 虎杖伝説の里 鹿児島店 です

今日の鹿児島の天気は曇りのち晴れ

曇りつつ少し晴れるかなって雰囲気ですね

今日は「酒かす」の効果についてお話したいと思います

ためしてガッテンで紹介(2010年11月24日)されたようで、

50gの酒かすを甘酒状にして、3週間飲み続けてみたら…

・体重が1kg減った

・肌の保水量が増えて、しっとり肌に

・動脈硬化の引き金になるLDLコレステロール値が平均8.2低下

・お通じの改善

といった効果が、出た方がいらしたようです。

女性に嬉しい効果が出ていますね

今、簡単に酒かすを取れるよう、パウダー状になった物もありますので、

日々のちょっとした料理に少し加えてみてはいかがでしょうか?

33


コーヒーの効果

おはようございます
 
還元陶板浴 虎杖伝説の里 鹿児島店 です

今日の鹿児島の天気は曇り

今朝は寒かったです~気温は11℃らしいです

今日は「コーヒーの効果」について、ご紹介します

コーヒーを毎日飲む人はほとんど飲まない人と比べ、

肝臓がんの発生率が約半分に減り、1日の摂取量が増えるほど、

発生率が低下するというデータが示されたそうです。

ほとんどコーヒーを飲まない人の肝臓がん発生率を「1」とすると、

毎日1~2杯飲む人の発生率は「0.52」

毎日5杯以上飲む人は「0.24」。

コーヒーには炎症をやわらげる作用がある為、肝炎の進行を抑える事で、

肝臓がんを予防するのではないかと考えられます。

また、コーヒーに含まれる多くの抗酸化物質が、肝臓のがん化を防ぐ方向に

働いているという報告も。

男性の場合コーヒーを1日3杯以上飲む人は、

すい臓がんにかかるリスクも4割下がり

女性の子宮体がんや大腸がんの予防にも効果があるというデータも

存在するそうです。

(国立がん研究センターがん予防・検診研究センター
  予防研究部長の津金昌一郎氏)

飲みすぎると体によくないというイメージがありますが、

思わぬ効果があるようですよ

かわいいお雛様

緑茶の効果

おはようございます
 
還元陶板浴 虎杖伝説の里 鹿児島店です

今日の鹿児島の天気は晴れ

風が強く、少し寒いような…

今日は私が大好きな「緑茶」の効果について、ご紹介します

緑茶に含まれる「カテキン」

「このカテキンが、がん細胞の増殖を抑え、

前立腺がんの危険因子の一つと考えられている男性ホルモンの

テストステロンレベルを下げるように作用していると推測。

前立腺の進行がんのリスクを低下させる効果が示された」そうです。

緑茶を1日5杯以上飲む人は、1日1杯も飲まない人と比べると、

罹患リスクが半減。

また、女性に関しては、緑茶を1日5杯以上飲む人は、

胃がんの発生率が3割ほど低くなるそうです。

(国立がん研究センター・がん予防・
 検診研究センター予防研究部長の津金昌一郎氏)

また、コーヒーについても驚きの研究結果が出ているようなので、

次回、ご紹介したいと思います

体を作る食べ物・飲み物も大事ですね

3

黒豆

こんにちは
 
還元陶板浴 虎杖伝説の里 鹿児島店 です

今日は最近はまっている「黒豆」についてお話したいと思います

料理好きな母が、黒豆をお酢に漬けたり寒天に入れたりと

色々作ってくれるんです

黒豆には、イソフラボン、サポニン、アントシアニンといった成分が

たくさん含まれていて、食物繊維が豊富なのも特徴です。

イソフラボン…黒豆の胚芽部分に多く含まれている成分。
         女性ホルモンと同じような働きをもつ。
         更年期の諸症状を緩和したり、
         高血圧や肥満などの生活習慣病を防止する役割もするといわれている。

サポニン…過酸化脂肪の増加を防ぐ役割。
       高血脂症を予防し脂肪の代謝を促すことで、
       肥満を防止する効果が期待できる。

アントシアニン…黒豆の黒さの源になっている物質が
           アントシアニンという色素(=ポリフェノールの一種)。
           大量にアントシアニンが含まれている黒豆は、
           脂肪の吸収を抑え、排出を促進させる。
           また活性酸素を除去する働きで、血液をサラサラにし
           体脂肪をつきにくくする働きもある。

食物繊維…黒豆の食物繊維は胃に長く留まるため、
        満腹感を持続させ、食欲を抑制してくれる。
        便秘解消やデトックス効果もあり。

お正月ぐらいしか食べる機会がないかもしれませんが、

健康に、こんなに良い黒豆

毎日の食事に一つ、黒豆料理を入れてみてはどうでしょか?



        
  • 1
  • 2
  • 3